あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のカルテ2 夏川草介著


第一冊目の「神様のカルテ」
会社のお友達に借りて読んで
「おもしろかった」とお返ししたら
「第二巻も買いましたので、どうぞ」
とまたもや、貸していただいた。

というわけで・・・
1巻に引き続き、読後感想文なのである。(ネタばれあり)
(「神様のカルテ」の読後感想はこちら

1作目の「神様のカルテ」を読んだ後
「今の日本の医療問題についてはさらっと提示」
と書きましたが
2作目の「神様のカルテ2」では
しーっかりと書き込まれていました。

主人公である栗原先生の勤める本庄病院に
同期の「進藤先生」が東京の病院を退き、赴任してくるという。

進藤先生について聞かれ
「「医学部の良心」と呼ばれた男だ」とこたえる栗原先生。

が実際に赴任してきた進藤先生は・・・

「夜間や休日には連絡がとれない」
「定時になるとささっと帰ってしまう」と
看護婦の評判はさんざんである。

なぜ?

進藤先生には3歳になる娘さんがいたのである。
この娘さんのための定時退社であり休日勤務の拒否。


進藤先生の奥様(栗原先生の後輩で思い人でもあった)千夏さんも
また、小児科の先生。
二人とも東京の病院で最先端医療の従事者として
昼も夜もなく「患者」を診て働いていた。
ある日、白血病の患者の主治医である千秋先生が体調不良で1日仕事を休んだ。
たった1日、休んだだけ・・・
その日にその患者さんが亡くなってしまう。
患者の親は言う。

「患者のために命がけで働くのが医者の務め!」

「主治医として失格だ!」

そして、それから千夏先生は家庭を顧みることなくことなく
「仕事」に没頭していく。

そんな千夏先生を東京に残し
進藤先生は娘である夏奈ちゃんを連れて
故郷である信州に帰ってきたのである。

私も一応、働く母である。
ただし、仕事内容はディスクワークを主とした男性の仕事の補助のようなもので
それについて、高い専門知識や技術力は要求されない。

「子どもが熱を出したのでお迎えにきてください」と連絡がはいれば
周りに多少の引け目は感じながらも
机の上の仕事を片付け、すぐに早退させてもらえる。

お医者様同士の夫婦
いや、お医者様に限らず
どちらもプロフェッショナルな職業についていらっしゃるご夫婦の場合
「子どもを育てる」ということは
とても大変なことだろう。


自分のことも家庭をも犠牲にし、身を粉にして働いて
その結果あるのが「罵倒」や「医療訴訟」であったとしたら
(全ての患者が助かるとは限らない。
病院は「生」をつむぐところではあるが確実に「死」をもつかさどる)
誰が好きこのんでその大変な境遇に身をおこうとするだろう。

それでも
それでもである。

目の前の苦しむ人を助けたい
ただそれだけの純粋な気持ちから医者を志し
理想を追求しようとする人がいる。


何度も符号のように出てくる台詞

「良心に恥じぬということだけが我々の確かな報酬だ」

きっと、作者の夏川先生もこの台詞を胸に地域医療に従事されているのでしょう。

一人の死を待つ患者に
「奇跡」を見せたいと個人プレーに走る栗原先生、進藤先生、
そしてもう一人の同期砂山先生。
その「行為」について病院事務長は常識で詰め寄る。
この小説では「個人プレー」が認められ
「組織」の長である病院長の主張は引っ込められるのだか・・

現実世界ではまず、無理だろう。

組織に個人が立ち向かい、ジレンマを起こすことのほうが多いのある。

それでもあえて、この場面で
人情話のように「個人プレー」が認められた
というドラマを書いているのは
作者である夏川先生が「人」を信じていらっしゃるからなのでは。

「組織」対「個人」の話し合いが終わり
退出する際に病院長は言う。

「常識を突き崩して理想にばかり走ろうとする青臭い人間が、
 私は嫌いだ」


でも、続く言葉は

「理想すら持たない若者はもっと嫌いだよ」

理想を持ち働く若き労働力を
ぼろぼろに使い切り、腐らせるような労働環境は
早々に改善してほしいものだと
痛切に願う。
そして、病院を受診する側も「コンビ二受診」のような
「俺様」的受診は早急にやめるべきだと
本気で思う。
神様のカルテ 2神様のカルテ 2
(2010/09/28)
夏川 草介

商品詳細を見る



余談ではあるが
この「神様のカルテ2」を読んだ後、
2年ほどまえにNHKで放送された「白洲次郎」の
ドラマを改めて見た。本当に偶然ではあるのだか・・・

そのなかで次郎さんは
栗原先生の名前「一止(いちと)」
の名前の由来と同じ意味合いのことを
実家に詰めていた宮大工の職人さんに教わる。
そして、
日本が第二次世界大戦へと向かう最中
その大戦を回避すべく
単身イギリスに渡り
ケンブリッジでの級友貴族のロビンのつてで集められた
イギリスの有力者をまえに前述の「一止」の説明と共に演説する。

そんな次郎さんにある一人のイギリス人が問う

「あなたは日本でどういう立場の人なのですか?」と

それに対して

答える次郎さんは

「立場などありません。
主義や立場なんてどうだっていい」

「唯一、絶対の根拠は私自身の「良心」です」


あまりにも「良心」という言葉が響き
あらためてここに書いてみた。

「風の男 白洲次郎」の読後感想はこちら
NHKのドラマスペシャルのHPはこちら

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)風の男 白洲次郎 (新潮文庫)
(2000/07)
青柳 恵介

商品詳細を見る


ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村

*Comment

反省 

初めまして。
新米ワーママ@京都でして、ちょくちょくブログ拝見させて頂いてます。

良心と理想…もう若者ではないけど、耳の痛い言葉です。専門職として、反省しちゃいました。

でも、子育ての方が断然楽しくて…。

読んでみます~。
  • posted by のじゅん 
  • URL 
  • 2011.02/09 00:00分 
  • [Edit]

のじゅんさんへ 

ご訪問&コメントありがとうございました。

実際、理想を追求し自分の良心のもと行動する
というのはなんと難しいことでしょう。

もちろん、私自身とうていそんな生活をおくっているわけではありません。
ライフワークバランスと言う言葉も出てきて
仕事と生活、どっちも大事というけれど
どちらにもほどよく折り合いをつけて
と言うことはなかなかむずかしいです。

>でも、子育ての方が断然楽しくて…。
それもあり!
わたしもそうです。

また、お気軽にコメントしていただけると
うれしいです。

  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2011.02/09 23:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/784-5aeb5296

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。