あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐野洋子さんのエッセーと「100万回生きたねこ」

佐野洋子さんといえば
エッセーよりも絵本「100万回生きたねこ」のほうが
有名だろう。
佐野さんご自身はこの本の内容を
「一匹の猫が一匹のめす猫にめぐり逢い
子を産みやがて死ぬというただそれだけの物語」
と書かれています。(私はそうは思わない/佐野洋子著より)

とても、奥深い絵本です。
子供より大人の心にずしんと来る絵本です。
その本を佐野さんは
「ただそれだけの」と言い切ってしまわれます。
その強さがすごい!!

私はこの絵本よりも先に
エッセーを読んでいました。

まだ、うちに子供がいなかった頃

2人だけの結婚生活も10年を超え、
えーそりゃぁもういろいろありました。
紆余曲折・・・

落ち込んだとき、むさぼるように佐野洋子さんの本を読み
そして、元気をもらいました。
「ふつうがえらい」「ラブ・イズ・ザ・ベスト」「わたしはそうは思わない」等など

佐野洋子さんは離婚経験者です。
エッセーでは、自分の人生において
愛すること、子供を生み育てること、そして生きること
について痛快でいて、なぜか心に残るやさしさを含ませた
文章で綴ってらっしゃいます。
それは人生、生きていくうえでの大いなるエールです。

ゆるやかに崩壊していった家庭を営みながら、私は1冊の本を創った。
「100万回生きたねこ」というただそれだけの物語が、
私の本の中ではめずらしくよく売れた絵本であったことは、
人間がただそれだけのことを素朴にのぞんでいるという事なのかと思わされ、
何より私がただそれだけのことを願っていることの表れだった様な気がする。

(私はそうは思わない/佐野洋子)


100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
(1977/01)
佐野 洋子

商品詳細を見る

*Comment

NoTitle 

私も好きな絵本です。しかし、もう何年も読んでないです。また読んでみたくなりました。
  • posted by いってきまうす 
  • URL 
  • 2008.06/20 11:54分 
  • [Edit]

いってきまうすさんへ 

この本は、だんなが私にクリスマスプレゼントで
「急行「北極号」」という絵本をくれたので
そのお返しにだんなにあげた本です。
私の大好き絵本として・・・
大人が読むのを前提にあげた本ですが
娘たちも好きなようで
「ねこさんの本、読んで」と本棚から持ってきます。
子供でも何か感じるものがあるのでしょうね
  • posted by あんすぅまま 
  • URL 
  • 2008.06/20 13:03分 
  • [Edit]

いつ頃からですか? 

私も 子どもにはいっぱい本を読んでほしいです。
特に 物語とか小説を。 
私も 母にいっぱい 本を読み聞かせてもらいました。 
そして私も子供たちに 読み聞かせて上げたいのです。 
時々簡単な絵本は 手遊びと一緒に読んだりしますが 
子どもの反応は いまいち・・・。スグ 読んでる絵本を取り上げられ
ぺージをめくったりされてしまいます。 
少し早いのかなぁ~とも思い 最近読むのあきらめてます。(。´_`)ノ

いつ頃から あんすぅママサンは 読み聞かせ始めましたか? 
義姉の甥っ子のお下がりで 本はいっぱいあるのですが 
先に傷めてしまうのでどうしたものかとぉ・・・。

「100万回生きたねこ」 読んだ記憶もあり ウチにあったと思うの
ですが どうしても内容がちゃんと思い出せないんです!!  
う~ ・・・ 読みたいぃぃーー。 
  • posted by rikomama 
  • URL 
  • 2008.06/20 16:57分 
  • [Edit]

NoTitle 

読み聞かせいつごろからだったかな?
でも、2人のお友達に出産祝いで
絵本をもらったのでけっこう早くから読んでいたと思います。
松谷みよ子さんの「いないないばぁ」や「もう、ねんね」、ブルーナのミッフィー絵本
そして、もう一人からは「はらぺこあおむし」やきむらゆういちさんの仕掛け絵本
「いないいないばぁ」や「ひとりでうんち」などです。
もちろん、最初は全然聞いていません。
勝手にめくるし、端っこはかじるし、二人で取り合いするし。
その頃の本はテープで補修したぼろぼろ状態です。
でも2歳のサンタさんのプレゼントは「うしろにいるのだぁれ」(ふくだとしお)でしたし
3歳のプレゼントは
せなけいこさんの「ひとつめのくに」「くずかごおばけ」です。
(↑あんすぅの希望)
なので、本好きに育ってくれてるかな
と思います。
rikomamaさんもいっぱい、本読んであげてくださいね。
  • posted by rikomamaさんへ 
  • URL 
  • 2008.06/20 20:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/71-ab0cc1b5

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。