あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誕生」作詞作曲中島みゆき

5月も終わり明日からもう6月

7日にはあんすぅの誕生日があり
彼女たちも6歳になります。

彼女たちが生まれた時
かぁちゃん、よく口ずさんだ歌がありました。

それは中島みゆきさんの「誕生」という歌。

「誕生」という題だけを聞くと
子供が生まれたそのままやん
という印象を受けますが・・・

この曲、本当に心に響く歌です。

「誕生」の中にある「再生」という意味合い

人は泣きながら生まれてきた

傷ついて涙を流すのはもう一度生まれなおすため
と彼女は歌います。

そして、人は誰でもこの世に生を受けた時
最初に聞く言葉が

「WELCOME」であると。

この世界にようこそ!
我が家にようこそ!
いまの世の中いろいろあっていいことばかりじゃないけれど
それでも、うちの子供として生まれてきてくれて・・・
WELCOME ありがとう

誰もが待ち望んだ誕生・・・

長いこと子供に恵まれなかったとーちゃんとかぁちゃんは
あんとすぅが最初にあげた泣き声を聞きながら
最高に幸せな笑顔でいた。
お医者様も笑顔、助産師さんも看護婦さんも笑顔
NICUへ運ばれる二人を見守ったじぃじもばぁばも笑顔
ただ泣き続ける二人をみながら
誰もがきっと、告げたんだよ。
「welcome」と


Remember覚えていて最初に聞いたwelcomeを
と歌うみゆきさんは

けれどもしも、思い出せないなら
私、いつでもあなたに言う 
生まれてくれて welcome
 (中島みゆき作詞作曲「誕生」より)

と続けます。

人は皆、この世に待ち望まれて生まれてきた。

そして、自分が一人ぼっちだと感じたときに
だれかひとりでも

「生まれてくれてwelcome」と言ってくれる人がいれば

こんなに勇気付けられることはないでしょう。

先ごろの紫綬褒章受賞であまりにびっくりした様を
「棚からぼた餅」どころではなく
「棚から本マグロ」と表現された歌姫みゆきさん
その卓越した表現力の日本語を
朗々とした歌声に乗せて歌われるとき
その歌はまさに人生の応援歌ともなり得ます。

かぁちゃんも本当はどの子にも言いたい。
虐待で亡くなる幼い子の命
その命も本来、「welcome」であったはず。

かぁちゃんの声は小さくて届かなくても
せめて、あんとすぅにはいつだって

「生まれてくれてwelcome」と歌っていたい。

Remember 生まれたこと
Remember 出逢ったこと
Remember 一緒に生きてたこと
そして覚えていること 
    (中島みゆき作詞作曲「誕生」より)


「覚えていること」を覚えていて
ってなんて深い言葉だろうって思う。

他の何もかもを忘れても
私がここにいてあなたのことを考えているよと

愛する子供たちに伝えていきたい。

これから先の困難に立ち向かっていく時に
それが支えとなるように・・・

自分の存在そのものに不安になって
なんで生まれてきたのだろうと悩んだときに

あなたはただ、そこにいるだけでいいんだと
いつもいつだって、伝えていきたい。

あなたたちの産声をとーちゃん、かぁちゃん、じぃじばぁば
そして、周りのだれかれも待ちわびていたんだよと。

「生まれてくれてwelcome」



ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村


*Comment

NoTitle 

初めて知りました。「誕生」
 
>かぁちゃんも本当はどの子にも言いたい。
虐待で亡くなる幼い子の命
その命も本来、「welcome」であったはず。

世の痛々しい事件に心苦しくなることが最近また増えてますよね。

「命」「自分」を大事に出来る人間は、十分に自分が愛されていると言う
自信から生まれてくるのなんでしょうね。

あんちゃんすぅちゃん もうすぐ6歳か~。
素敵な誕生日の記事も楽しみにしています。
 
  • posted by いってきまうす 
  • URL 
  • 2010.06/01 17:11分 
  • [Edit]

鍵コメさんへ 

コメントありがとうございました。
この間まであかちゃんあかちゃんしていた娘達も
いつのまにか6歳に・・・
どんなに怒った後でも
「おかあさん、大好き!」といって見せてくれる笑顔に親のほうが助けられています。

子供たちに注ぐ愛情はいずれ次の世代に。
めぐるめぐるよ時代はめぐる♪(あら、これも中島みゆき)
愛されていると実感する子供たちは
自分達もまた、誰かを心のそこから愛するようになるでしょうか?
そうあってほしいと願っています。
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2010.06/02 00:42分 
  • [Edit]

いってきまうすさんへ 

小さな命が奪われる悲しい事件を聞くたびに
心が痛みます。
その子供の名前がすばらしいものだったとき、特に・・・
この世に生まれたとき、きっと親はこの子に夢を託して名前をつけたんじゃないのかと。
なのに、なぜなんだろうと。

すべての子供は大人にならなくちゃいけない

そう思っています。
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2010.06/02 00:49分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/604-16cdaac2

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。