あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年度表現発表会♪

さて、本日、保育所の「表現発表会」です。
1年の集大成として毎年この時期に行われる発表会。
うちの保育所は全クラスが一緒に行うものでなく
乳児クラス、2歳児クラスと年少さん
年中組と年長組と言う具合に3日に分けられて行われます。

年中組のあんとすぅ
異年齢の年長さんと一緒の出し物
絵本「おばあさんのすぷーん」でオープニングが
始まります。
おばあさんのすぷーん(こどものとも絵本)おばあさんのすぷーん(こどものとも絵本)
(1970/07/01)
神沢 利子

商品詳細を見る

ストーリー
おばあさんが大切にしている銀のスプーン
いたずらカラスが持っていった。
木の股に隠しておいたのに
隠したことをを忘れたカラス。
いつの間にか冬がきて風が吹いてスプーンが
雪の地面にぽとん。
スプーンをみつけたネズミ達
スプーンのそりでおばあさんのおうちに飛び込んだ。
大切にしていた銀のスプーン。
自分のもとにかえってきて
おばあさんはにっこにこ。
ねずみたちもにっこにこ。
あれ、俺様のスプーンが・・・
カラスは「ちっくしょう!」

そんなお話です。

さて、このお話であんはからす役とそのほかの情景の役
カラスあん
カラスのあんは上下黒の衣装で・・・

すぅは吹雪や川といった風景の役
雪すぅ

登場人物は少ないですが
情景のシーンを年中、年長集めて50名以上の子供達が
ダンスや身体の動きで表します。
その迫力のあること!

最後は全員で合唱
57名の子供達の澄み切った声がホールいっぱいに
響き渡ります。

家で何度も歌っていた歌
かぁちゃんも大好きな歌「とっておきのひとり」

「きのうの自分を追い越していこう。
地球にひとりしかいない
輝きになるため~」


はい、この時点でかぁちゃんの涙腺は決壊しました。

年中組の出し物
「ごめんなぁ~ともだち」は
絵本「ごめんね ともだち」を題材に
オリジナルなお話が作られていました。

ごめんねともだちごめんねともだち
(2001/03)
内田 麟太郎

商品詳細を見る


ストーリー自体は単純です。
お友達に「さよなら」って言ったのに
返事してくれなかった
「なんで?」
「きこえへんかってん」
そこからはじまるけんか
「なぁ、一緒にこれで遊ぼう」
「え~、こっちきて一緒にあそんだらええやん」
「いや、こっち来てぇ」
そして、始まるけんか

これもまた、登場人物は
けんかするお友達が6人ほど
残りの20数名は子供の内面、
怒りや悲しみ
怒りのすぅ怒りのあん

そして、園庭に植えられている桜の木
を表現します。
桜の木あん

この木が仲直りのキーマンとして
子供達に訴えます。
「けんかしたままでいいのか?
ひとりぼっちでいいのか?」と

この園庭の桜の木は
現実の生活のなかでも
子供達の成長をずっと見守ってきた木です。
保育所の主任先生はお芝居が終わったあとに
おっしゃいました。

「どうか、おとうさん、おかあさんも
あの桜の木のように子供達の成長を
しっかりと見守ってあげてください」

33名の年中組は現保育所の中でも一番の大所帯です。
なので、きっと日ごろの生活の中でも
けんかやいさかいが絶え間なくあるのでしょう。
しかし、その33人のパワーが集まると
その迫力ははかりしれません!

子供たちは元気とパワーを存分に発揮し
見ているほうは子供の成長といううれしい発見と
ともに大いなる元気をもらいました。

情景や心の内面をあらわした
子供たちの役は
簡単な色分けされたTシャツが衣装になっています。
それを舞台裏で「自分達で」脱ぎ着して
それぞれの役に早替りをしたそうです。

発表会の後の懇談で
担任の先生方はおっしゃいました。
「子供達は自分で自分のことをする能力を
持っています。
おかあさん方はその能力を認め、
少し時間がかかっても待っていてあげてください」と。

この時期、小学校に上がる最後の1年間
自分の身の回りのことができるようになり
大人の抽象的な要求
(たとえば、「授業の準備をしなさい」といわれたら
教科書をだして、ノートをだして、筆記用具を用意する。
そういうことが自分の頭で考えられる子に)
に答えられる子供になってほしいと思います。


園庭の桜の木
春には満開の花を咲かすでしょう。
そして、その桜の花がほころぶ頃
あんすぅ、そして他31名のクラスメートは
あこがれの最年長クラスになります。

心をひとつにして成功した発表会を糧に
みんなかっこいい年長組になろうね。

ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村

*Comment

ハイレベル 

内面を表現だなんて、かなりハイレベルな
発表ですね。
じっくり取り組める保育園児ならでは!!

「自分のことは自分で」
これは私の子育ての唯一のテーマのような物です。
うちの場合はこれをはやくから求めすぎてしまいすぎなのかもしれません。

幼稚園の個人懇談で言われました。
「tomoちゃんは十分園で頑張っていて出来る子だから(←自分のこと)、
おうちで中々やらなくても、お母さんはイライラしないで、
その時は手伝ってあげたらいいんじゃない?
まだ5歳なんだからいつもいつも出来なくても
当たり前ですよ。」
って。

本当に、自分ってダメ母だなぁ~って思いました。
その時は、「そうやな、その通り、
何でいつもの事が出来ないの!!って
イライラしないで手伝おう~」って思ったのに、
日々に戻れば、
幼稚園の準備が間に合わないのにイライラ、
帰って、園の荷物を整理するのに
1時間半かかったのにイライラ~
全然私自身が変わってない(>_<)

あんちゃん・すぅちゃんの先生がおっしゃるとおり、
「その能力を認め、時間がかかっても待つこと」
がどんなに難しいことか…

ああ、反省~反省~(T_T)
  • posted by きなり* 
  • URL 
  • 2010.02/17 22:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

うわあ!あんちゃんすぅちゃんの保育所の先生は、創作ダンスの指導が優れた方なのでは?
子ども達も抽象的で、ちょっと分かりにくい部分をしっかり理解して表現できてるみたいですね。

今日、幼稚園の行事で「少し早めに来て」と言われていたら、めっちゃ早起きして、ママを急かし、幼稚園で1番に到着して(いつもは遅いチーム)笑われました。やればできる子なんです^^;やる気になればね…日常と平均してもらえると、母はありがたいんだけどね…^^;待てないの、待つと遅刻しちゃうから^^;
  • posted by あーともママ 
  • URL 
  • 2010.02/18 09:17分 
  • [Edit]

 

園庭に桜があるなんて素敵な保育所ですね。
発表会は華美な衣装が(勿論、そういった衣装も手が凝っていて素敵だと思います。)多い中、シンプルな衣装は逆に子供達の表現力や内面から湧き出る力を際立たせる演出で、凄いなぁと思いました。
一年、早いもんですね。春には最上級生。長いと思った保育所六年間の最後の一年かと思うと感慨無量です。
  • posted by セカンドピヨコ 
  • URL 
  • 2010.02/18 18:00分 
  • [Edit]

NoTitle 

同じ発表会でもうちとは、随分違いますね。ほんと創作ダンスの指導に優れてる先生がいらっしゃるんでしょうか?50名以上の園児が一同に踊る姿、すごくエネルギーがあって、迫力あると思います。あんちゃんも、すぅちゃんも張り切って踊る姿がすごく可愛いですね~^^
 自分のことをする能力は自分で持っているって先生のお言葉、その通りですね。朝など、時間の制約がある時は、毎日とはなかなかいきませんが、できるだけ、自分でさせて、それを見守っていきたいもんですね。
 「ナイチンゲールの沈黙」読んでないです!久々に「田口・白鳥」コンビ読みたくなりました。今度図書館で探してみまーす♪
  • posted by 玄ママ 
  • URL 
  • 2010.02/19 05:40分 
  • [Edit]

きなり*さんへ 

内面の表現
発表会が終わった後の懇談会で
担任の先生も
「4歳児には難しいかな」と思いながら
最初、取り組まれたそうです。
抽象的な感情の表現は言葉では
難しいということで
自作の紙芝居を作って子供もたちに見せ
「なぁ、こういうときどう思う?」と子供たちに問いかけながら・・・

お芝居の内容も実際にクラスで起こった
けんかのはなしだったりで
子供には身近な話なので理解しやすかったのかもしれません。

ryoくんにしてもtomoちゃんにしても
私から見れば
「自分のことは自分で」がちゃんと出来ているお子さんだといつも感じています。
だから、きなり*さんがいらいらしている
と言うのを聞いて逆にびっくりです。
「待つ」というのは本当に難しいですね。
私も日々反省ばかりです。
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2010.02/19 06:39分 
  • [Edit]

あーともママさんへ 

「待つ」って難しいですよね。
うちも時間のかかる子達なので
朝の準備なんか悠長に待ってられません。
なので・・・
昨日より、すこし、できるようになったね。
前は出来なかったのに出来るようになったねと
少しずつの前進を認め
「待つ」ことにします。
あはは、いいように解釈しすぎ?
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2010.02/19 06:50分 
  • [Edit]

セカンドピヨコさんへ 

衣装は・・・
保育園児なのでそんなにそろえられないのだと思います。
なので、いつも簡単な色の指定と長袖か半そでの指定のみ。
それでも写真にあるように半そでの赤Tシャツでしこを踏んでいる場面は
「怒り」の場面を良くあらわしていると思います。
子供達もおなかのそこから声を出していますしね。

本当に「長い」と思った保育所生活も
あと1年・・・
しっかりとした生活習慣を身につけて
充実した幼児期を過ごしてほしいと思います。


  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2010.02/19 07:06分 
  • [Edit]

玄ママさんへ 

あんもすぅもこういった取り組みに対して
いつも積極的でやる気満々です。
その一生懸命の姿は親としてとても
誇らしい気分です。(すいません、親ばかです)

ナイチンゲール
どちらかといえば、バチスタとジェネラル
の間で
話的には2つの作品に比べ、パワーダウン?
な気がしますが
ジェネラルの話と平行して語られるので
「このときに田口先生はこんなことをしていたのね」
と言う具合に楽しめました。
今、また、「イノセントゲリラの祝祭」を借りました。
貸してくださった方、いわく
「めっちゃ、おもしろい」だそうです。


  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2010.02/19 07:13分 
  • [Edit]

みんなに感動させられました! 

まだ年長さんに比べたら、
毎日会う度にみんな可愛いのに
あんなに表現ができるなんて!驚きばかりでした。
あんちゃん&すうちゃんがカワイイ!よりカッコイイ!でまた驚き
カメラまわしながらすごい!すごい!って何度も心の中の叫び

みんなのぐんぐん来る成長がとっても嬉しくて、幸せな一日になりました♪

ケイも年少とは全然違ってた。自分を見てくれ~から
みんなと演じてるんやでって姿が、
また来年一年の期待になって
なんだかとってもウキウキワクワクさせられた発表会♪
あとでビデオでみた祖母も小学生みたいにしっかりうたってて
手話もして、役者みたいに演じる姿に感動してました。

懇談会も親の思いや先生の思いが聞ける、本当に貴重な時間ですね。
いろんな人の意見を聞いて、また子育てのプラスになればと思います。

1年前にも言われていたのに、待つことができないでいた私
発表会の日からは、できるまで付き合うことに、少し時間はかかるけど、
自分で用意したんやでと行くなり得意げ、それから毎日がんばってます。
懇談会に参加しなければ1年をまた同じように過ごしてた気がして、
もったいない、もったいない
  • posted by ケイ&イブまま 
  • URL 
  • 2010.02/23 23:51分 
  • [Edit]

ケイ&イヴままさんへ 

本当に、みんながかっこよかったよね。
33名もいれば、まとまりのつかないクラスに
なりえるのに
個人の魅力、集団の魅力を存分に発揮した
発表会、だったと思います。

「待つ」のは難しいです。
時々立ち止まって、もう一回、
自分の様子、子供のことを見直してみるのは
大切なことかもしれませんね。
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2010.02/26 06:20分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/532-062b5ea5

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。