あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ同窓会《観光編》

昨日の続き・・・

さて、出町柳の「エピス」さんでランチを取ったあと
今度は京都プチ観光

もう一度出町柳駅へむかいますが
今度は京阪電車ではなく
叡山電鉄「出町柳」駅

四条大宮から出ている嵐山方面へむかう
京福電鉄を通称「嵐電」と言うのに対し
こちらの叡山鉄道は通称「えいでん」と呼ばれています。

そして、こちらの電車も嵐電同様
2両編成のノスタルジックな電車。
街中の路面をごとごと走ります。
叡電で降りた駅は「一乗寺」
こちらの駅も改札口などありません。
車掌さんが電車から降りて乗客の切符を回収して回ります。

さて、駅を降りて東に10分ほど歩いて
向かう先は・・・

こちら
詩仙堂
「詩仙堂丈山寺」

元徳川幕府の旗本石川丈山作庭の
お庭がとてもきれいです。
詩仙堂

ぽこぽことまーるく刈り込まれたさつき
その後ろにちょうど時期を迎えたもみじの紅葉が
映えています。

「詩仙堂」というこの名前
もともと凹凸か(おうとつか)
と呼ばれる四畳半の座敷に
狩野探幽が36人の中国の歌人の絵を描き
その絵に丈山が詩を書きこんで飾ったことに由来しているそうです。
以後この間は「詩仙の間」と呼ばれるようになり
それがこちらの建物の通称名「詩仙堂」として
今日まで呼ばれているそうです。

お庭も散策できます。
木についているもみじもきれいですが
落ち葉となり
植木や芝の上に赤いじゅうたんを引き詰める
もみじもきれいです。
植木もみじ



詩仙堂を出たら
お隣の「八大神社」にお立ち寄り~
八大神社

ここは「宮本武蔵」ゆかりの神社
八大神社の境内地である一条下がり松で
武蔵と吉岡一門が決闘したとして有名です。
神社内には初代の古木が飾られており
その横には松岡修造似の(一緒に行った友人Y談)
武蔵の像がたっています。
musasizou


このあたり、もう少し先へ行くと「狸谷不動尊」
少し北東に足を伸ばせば「曼殊院」などがあるのですが
「プチ」観光なのでね、あともう一箇所立ち寄って終わりにします。

最後の立ち寄り先は
「金福寺」(こんぷくじ)
金福寺

与謝野蕪村が再建した芭蕉庵がありますが
拝観料400円をケチって中に入らず、
表から写真だけパチリ
芭蕉庵

そのかわり門の左手にある
村上たか女創建の弁天堂におまいりしてきました。
村上たか女弁天


村上たか女・・・
幕末、大老井伊直弼に味方し勤皇の志士に捕らえられ
三条河原で三日三晩さらし者にされたあと
奇跡的に命ながらえ、その後、仏門に入った人。

弁天様は財宝の神様
みんなしっかり、拝んとこ。
そしてその横手の祠に子供の災難よけのお地蔵様
子供の災難身代わり地蔵

同窓会メンバー、みーんな子育て世代のママ
ここはひとつ、よーく手を合わせて心をこめてお願いを。
子供達が元気にそだちます様に。

さーて、曼殊通りまで戻り白川通りに出るまでに
先ほどの武蔵決闘の地、一条下り松の松の木に出会えますので
お見逃しなく・・・
一条下り松
↑4代目の松です。


さて今回の同窓会
京都プチ観光のあと、残りのリクエストは

「甘味処でお茶を!」

ここまできたら、甘味処と言えばあそこでしょう。

というわけでその話はまた、後日・・・



「甘味処」どこわかります?
気になります?続きの前に応援ポチ、お願いします。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村

*Comment

おはようございます。 

乳がんの記事を読んでちょっと怖くなってました…。
このところ、急に痩せてきたので、もしかして…と。
病院に行った方がいいのはわかっていますが、よわムチ状態で。
詩仙堂の紅葉、キレイですねぇ~。大徳寺はまだ、黄色と緑でした。
  • posted by 榮の間 
  • URL 
  • 2009.11/21 10:28分 
  • [Edit]

榮の間さんへ 

乳がんの記事
怖がらせるつもりはなかったのですが・・・
何より、早期発見して治療するのが
治る可能性アップの第1だと言うことを
実感しましたので
あえて、くどくど書かせていただきました。
もし、ご自分の身体がおかしい
と思われたら、早めに受診してくださいね。

詩仙堂の紅葉、
本当にちょうどいい時期のように思いました。
平日のお出かけにもかかわらず
結構な人出でしたので
この3連休はもっと、すごい人が
訪れているんでしょうね。



  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2009.11/22 07:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/462-8065a834

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。