あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイバイ、カブトムシのプー君

幼虫からさなぎそして成虫となった我が家のカブトムシ君
オスにはプー君
メスにはかなちゃんと名前をつけて
育てていましたが・・・

オスのプー君がなくなりました。

子供たちは大号泣!

幼虫の白いぶよぶよのときはかわいいと手にのせて
かわいがっていたのに成虫になって「カブトムシ」になると
「怖い」といってさわれなくなったあん。
それでも、虫かごからのぞきこみ
話しかけていました。

一方、虫小僧のすぅは
何度も何度も手のひらにのせ
「痛い、くすぐったい」と
手のひらの感触を楽しんでいました。

動かなくなったカブトムシをすぅが
あんの手のひらにのせてやり

「な、もう痛くないやろ」って・・・

角の曲がったカブトムシでした。
その変形した体ゆえ、弱かったかもしれません。
どんなに長生きしても
この夏が越せるとは思えない虫の命

でも、その短い虫の命に思いをはせる
やさしい子に育ったなぁと
子供の涙を見て親として、思います。

死んでしまったカブトムシは
子供たちと一緒に
狭い我が家の庭に埋めてやりました。
子供たちが「いってきます」「ただいま」
を言える場所に・・・

少し前に、すぅが書いたカブトムシのプー君とかなちゃん
すぅ画カブトムシ


そして、あんが書いたプー君とかなちゃんとあん
あん画カブトムシ


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします。

*Comment

NoTitle 

生き物に人間を含めて永遠はないけど、
プー君とかなちゃんのお世話を通して
生きることの尊さを感じ、小さな生き物への
いたわりの心などが身についていくのでしょうね。

あんちゃんが描いた「プー君とかなちゃんとあん」
なんとなく、疑惑の絵の可愛い女の子と
似てるような気がするのは私だけでしょうか…
本当は疑惑じゃなかったのかな。
  • posted by セカンドピヨコ 
  • URL 
  • 2009.07/31 00:07分 
  • [Edit]

セカンドピヨコさんへ 

それまでも夜店でした金魚すくいの
金魚の死などにも接してきたのですが
そのときはなきませんでした。
やはり、自分達がお世話をすると
かける愛情が違うのかと思います。

どうしても、生き物を飼うと
「死」に接しなければなりません。
だからこそ、生きているときに
ちゃんと愛情と手をかけてやらなければ
ならないのだと言うことを
学んでほしいと思います。

あんの絵
今回の女の子はかわいい絵なので・・・
どっちなんでしょうね(笑
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2009.07/31 06:18分 
  • [Edit]

NoTitle 

羽化不全の子は短命だしね。。。

自分が慈しみ育てたものの死。
悲しいけれど、それだけじゃないはずです。
プークンは、子ども達に「命の尊さ」をちゃんと伝えて天に召されたんだと思いますよ。

たっくさん愛情をかけてもらったプー君。
この世での生は短かったけれど
きっときっと幸せだったと思います^^
  • posted by お気楽ママ 
  • URL 
  • 2009.07/31 13:11分 
  • [Edit]

お気楽ママさんへ 

あたたかいコメントありがとうございました。
読んでて、ちょっと、うるってきました。
数日前、ママさんのブログで書いてあった
虫マスターさんの言葉
とても、心に響きました。
なるべくなら自然のなかで
それでも飼うのなら、最後まで責任をもって・・・
そういう風に「虫」たちに接したいと思います。
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2009.07/31 23:51分 
  • [Edit]

愛情 

カブトムシのプーくん、
誰に育ててもらうより嬉しかったかも
大泣きしてしまうぐらい、愛情いっぱい♡
二人ともプーくんが愛おしいと♡育ててたんだね。

タクは相変わらず「くろちゃん」を思い、
近所の人からのカブトムシいる?って誘いに大揺れ、ユラユラしながらも最後には断ってた。
あんちゃん&すぅちゃんの話を聞くと
来年には私からいいよ!って言ってしまいそう♪

絵をみるとプーくんとかなちゃんは似てるね。
一緒に遊んで楽しかったの伝わってくるよ♪

かなちゃん、いっぱい生きてね。いっぱいあんちゃんとすぅちゃんと遊んでね。
  • posted by ケイ&イブまま 
  • URL 
  • 2009.08/02 01:10分 
  • [Edit]

ケイ&イブままさんへ 

カブトムシをいらないと断るタクにいちゃんは
やっぱりやさしいなぁ~
生き物とのかかわりは
子供の心に大きく影響を与えてくれるようです。
小さな虫の命を大切にする心は
人の命、自分の命を大切にすることに
つながるようで・・・
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2009.08/03 12:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/381-ef991776

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。