あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中原淳一」さんの言葉

少し前になりますが、がま口製作の講習会に行った時(参照
カクカメ工房の壁に
「中原淳一」さんの絵が飾られていました。

「先生、中原淳一さん、お好きなんですか?」
と質問したときの先生の言葉

「絵も好きなんですが中原淳一さんの生き方が好きです。
いかに『生活を楽しむことが大切か』と
言うことを教えていただいた。
そして、中原淳一さんという人の作品に出会わなかったら
こんなお仕事もしていなかったと思います。」

と答えられた。

で、改めて図書館で中原淳一さんの図書を借りてみました。

中原淳一

戦後、人々の暮らしが荒廃し
若い女性までもが「食べる」ことに必死だった時代に
本当の意味でのおしゃれを提唱された方。
とてもモダンな女性のスタイル画など
たぶんどこかで目にされたことがあるでしょう。
『少女の友』創刊100周年記念号 明治・大正・昭和ベストセレクション『少女の友』創刊100周年記念号 明治・大正・昭和ベストセレクション
(2009/03/13)
実業之日本社

商品詳細を見る

↑こういう女性の絵です。

もう何十年も前に書かれた絵や文章は今でも色あせることなく
今の女性にこそ、必要!と思わせてくれます。

ものがなくてもいかに「夢とおしゃれを楽しむ心」
を持つことが大切か

お金をかけて着飾るのではなく
マナーや美しい立ち振る舞いがいかに女性を美しくみせるか

じゃぁ、外見はどんな汚くてもいいのか
と言うと
女性は「おしゃれ」するものだ
「美しく」あるものだ

と信念を持たれていた方だと思います。

その反面「夫中原淳一」著、葦原邦子
(中原淳一の妻であり、元宝塚スター)
夫中原淳一 (平凡社ライブラリー)夫中原淳一 (平凡社ライブラリー)
(2000/04)
葦原 邦子

商品詳細を見る


「父中原淳一」著、中原洲一

父 中原淳一父 中原淳一
(1987/04)
中原 洲一

商品詳細を見る

では
家庭での暴君ぶりが妻や息子の目線で語られています。
あまりに女性に対して理想が高く
完璧を求めすぎて妻に対しても
「女性の美」を押し付けすぎていらっしゃたのでしょうか。
そこに描かれる中原淳一さんは
芸術家のエゴと前時代的な女性に対する態度
いわゆる「女性は男性の仕事を内助の功で助けるもの」
という姿勢が見受けられます。

しかし、なにはともあれ
中原淳一さんが全女性へのメッセージとして
書かれていることに共感する部分はたくさんあります。

しあわせはまた、自分がしあわせだと感じたその瞬間にあるものです。
(「ジュニアそれいゆ」より)

「女は家庭を守るもの」と
奥様にきつくおっしゃっていた中原淳一さんの
信念には反しますが、
毎日、子供を保育所に預け
どたばたとあわただしく生活していても

自転車に乗って受ける風に季節を感じたり
夕焼けの空の変化を楽しみ、
月の満ち欠けに心を動かすとき

「気持ちいいね」

「きれいだね」

と子供と一緒におしゃべりする時間が
「しあわせ」と感じられる。
そんな日々の積み重ね
それもまた、「毎日の生活を楽しむ」
と言うことになるんじゃないかと

どたばたかぁちゃんは思うのです。


日本中の人が、昨日より今日の方が少しでも美しくなったとしたら、
日本は昨日より今日の方がより美しい国になるわけです。
そして、今日より明日がもっと美しくなれたら、
日本中はまたずっと素晴らしい、美しい国になるでしょう。

(「ひまわり」より抜粋)

すべての人がそれを望んだら
殺伐とした世の中も
少しは明るい方向にむかうでしょうか?
子供たちの未来が輝いていると
子を持つ親ならきっと誰もが思うはず。

「美しい国」というと退陣したどこぞの総理大臣の
言葉のようですが
子供たちには
確かに「美しい国」を残してやりたいと願います。




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします。

*Comment

NoTitle 

中原淳一サンの描く女性は繊細ではかなさもあると思います。

それゆえ女性に対する憧れや思い入れが強かったのでしょう。

「美しい国」も、もちろんだけど
「大和撫子」はどこに行ったのでしょう??
私は大和撫子にはなれないけれど
「女性としての美しさ」
例えば立ち振る舞いとかは、やはり日本人ならでは!のものがあると思うので
やはり、そこの部分は後世に残したいかな~と思います。

>子供と一緒におしゃべりする時間が
「しあわせ」と感じられる。
そんな日々の積み重ね
それもまた、「毎日の生活を楽しむ」
と言うことになるんじゃないかと

私も激しく同意です!!


  • posted by お気楽ママ 
  • URL 
  • 2009.07/09 21:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

なぁなぁ、ダイソーでガマ口の口金販売始めたみたいよ。
サイズ、3つあったわ。
もち、100円!
買いに行ったっての!
最寄のでかいダイソーで発見したよ~ん!
  • posted by おかん 
  • URL 
  • 2009.07/09 23:33分 
  • [Edit]

お気楽ママさんへ 

私も大和撫子にはなれませんが
女性としても節度ある態度と言うものは
持ちたいと思います。
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2009.07/10 06:30分 
  • [Edit]

おかんさんへ 

実はもうがま口の口金
買ってあるんだよ。
手芸やさんで300円ほどだったかな。
でも・・・
買っただけでまだ作れていない(TT)
いつになったら取り掛かれるだろうか?
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2009.07/10 06:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/364-6b9a8f79

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。