あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都書院の思い出

昔、読んだ本の感想などを書いたものだから
思い出してしまった京都のなつかしの書店
数年前まで、京都の河原町通り四条から三条にかけての通り沿いには
たくさんの個性的な書店があった。

梶井基次郎が小説「檸檬」で
黄色い爆弾(檸檬)を本の上に置いてきたとされる「丸善」
そのころは大型店の部類に入った「駸々堂」
そして、今は河原町OPAがたつあたりに
かぁちゃんお気に入りの「京都書院」

なにがそんなにお気に入りだったのか
よくわからない。

あまり大きくない3.4階ほどの本屋さんだった。
一階は普通の文庫本なんがあってそれほど特色がないのだけれど
二階(だったと思う、記憶が定かではないので)は
芸術関係や詩の本などがあって

かぁちゃんはここで「寺山修司」に出会い
「中原中也」を買った。
伊藤比呂美の「青梅」もここで見つけた。
高価な舞台の写真集などは立ち読みし
それでも、金森馨の「舞台装置の姿勢」と言う本を買った。

家に買ってかえって読むよりも
シーンとした書店のこの空間の中に身をおき
本を読むのが好きだった。

が、今はもうない。

今や本などネットで買う時代になったんだろう。

本のにおい、空気の流れ
そんなすべてのものが癒しの空間だったんだけれど・・・

今はなき過ぎ去りしものに思いをはせる。
ノスタルジックな感傷
大げさに言えばそれもまた、青春の1ページ

はぁ、年とったってことかなぁ~

寺山修司本他


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/327-02b72e92

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。