あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹「ノルウェイの森」

村上春樹の「ノルウェイの森」が映画化されるそうな

今年2月に村上春樹さんは「エルサレム賞」を受賞し
何度もノーベル文学賞に候補者として名前が挙がっている。
少し前のYahooの意識調査で
「あなたの一番好きな村上作品はなんですか」というのもやっていた。

村上春樹・・・

その昔、学校を卒業し職に就かず、時間はあっても
お金がなかったころ
せっせ、せっせと図書館通いをした。

そして、そのころ
村上春樹の作品を読み漁った。
「風の歌を聴け」「羊をめぐる冒険」「1973年のピンボール」などなど・・・
で、今、心に残っているものがあるかといえば、
ないのである。

そのころの私には村上春樹の面白さはわからなかった。

それからしばらくして、
後輩の友人が「ノルウェイの森」の単行本を小脇に挟んで
持っているのを見た。

「私、村上春樹ってあまり好きじゃないわ。
よーわからん」というと
「これは、絶対いいですよ」と
「ふーん」

それでも、まだ毛嫌いしていた村上春樹を
読んでみようかな
と思ったのは随分たってから。

ごめんね、友よ
これ、本当によかったです。

今まで読んできた村上作品のどれとも違っていた。

全体に流れる透明な空気
シーンとした静寂に身を包まれたように
物語に没頭していける。

とりわけ私にとって印象的なラストシーン

恋人の死を知って(恋人という言い方も微妙だか)
電話ボックスからガールフレンドに電話をする主人公
電話ボックスをつつむ長い沈黙
この沈黙はまるで
「世界中の細かい雨が世界中の芝生に降っているような」
と表現される。

長い沈黙の後、ガールフレンドが声を発する。

「あなた、今どこにいるの」

ふと顔を上げ周りを見つめる主人公は
自分の輪郭までもぼやかすような
虚無と現実の狭間にいるようだ。

私はこのシーン、現実には描写されていない
細かい雨を思う。
実際には雨は降っていない。
なのに、先ほどの沈黙にたとえられた雨が
主人公の周りを漂い
あたりの景色をぼやかしているような
そんな錯覚を起こすのだ。


映画化が決まり(松山ケンイチと菊地凛子が主演だそうな)
あらゆるところで「あらすじ」を目にされるでしょう
なので、あえて、ここでは書きません。


ただ、最初の問いをもう一度。
あなたの一番好きな、村上作品はなんですか?

はい、わたしは「ノルウェイの森」です。

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
応援ポチお願いします。

*Comment

NoTitle 

私もちょうど大学時代、村上春樹の作品をたくさん読みましたが、やはり「ノルウェイの森」が一番好きです。なんだろう、あの小説に流れる空気がいいんですよね。んー私も好きな作品たくさんあるのですが、上手く良さを伝えきれないんです。あんすぅままさんは、ほんとに表現が上手ですね。いつも感心してしまいます。

↓がまぐちも素敵!そんなに上手にできるんですね。自分で作ったものなら、愛着もひとしおでしょうねー。早速私も自由な6月に行ってみようか!?と思いましたが、あっさり「6月は定員いっぱい」でした^^;人気なんですねー。
  • posted by 玄ママ 
  • URL 
  • 2009.05/26 10:20分 
  • [Edit]

玄ママさんへ 

>あの小説に流れる空気

まさにそれです。
この空気感がなんとも言えず・・・
美しい。

がま口教室、常連さんも多いようですが
皆さん、予約に四苦八苦
というお話をされていました。
で、当の先生は
「これも一過性のもの。
誰かが作りだした流行ですから、
そのうちおさまりますよ」
と済ました顔でおっしゃっていました。
その達観もまた、すてき!
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2009.05/26 21:49分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/326-1cf1c6f4

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。