あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興福寺「阿修羅」像と「百億の昼と千億の夜」

今日、書店を覗いたら
「仏像」のコーナーがあって
いろいろな雑誌が並べられていた。
(サライ、芸術新潮など)
そして、その各雑誌の表紙を飾るのは
興福寺の「阿修羅」像

なんで、こんなに阿修羅が多いの?
と思ったら
今、東京の国立博物館で「国宝 阿修羅展」なるものが
開催されているのですね。

私、仏像、結構好きです。
そして、その中で何が一番好き?
と聞かれたら、迷わずこの興福寺の阿修羅像をあげます。

阿修羅はその名「修羅」の字からもわかるように
戦いの神です。
なのに、なぜ興福寺のこの像はこんなにも憂いを秘め
まるで、少女と見まごうばかりに気高く美しいのでしょう。

この像、学校の教科書にもよく登場しますが
それよりも印象が深いのは
この像をモデルに書かれた漫画

「百億の昼と千億の夜」
原作 光瀬 龍
漫画 萩尾 望都
萩尾望都作品集 (〔第2期〕1) (プチコミックス)萩尾望都作品集 (〔第2期〕1) (プチコミックス)
(1985/04)
萩尾 望都

商品詳細を見る



話はSFです。
この中で阿修羅は少女の姿で描かれます。
「真実」を求め時を旅する少女阿修羅の凛とした姿
帝釈天との戦いの中、一瞬で憤怒の顔に変わるさまは
まさにこの興福寺の阿修羅そのもの。

何度もしつこいくらいに
「興福寺の」とかいていますが
阿修羅は仏教の八部衆の一人ですので
興福寺だけでなく他のお寺にもあります。
かぁちゃん、昔、この像を見たくて
京都の三十三間堂に伺ったことがあります。
あー勘違い!
三十三間堂にも阿修羅像はありますが
かぁちゃんが好きなのはあくまでも
「興福寺の阿修羅像」

では、二番目に好きなのはと言えば
東大寺の月光菩薩
こちらは文句なくおっとこ前!なので好き!
(仏像にたいして、こんな見方は冒涜?
でも、本当におきれいなお顔をなさっています。)

で、三番目
まだ、出会っていません。

な・の・で
これは
老後の楽しみに取っときます。

参考までに
東京国立博物館
2009年6月7日(日)まで
興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」
開催中

「国宝阿修羅展」のすべてを楽しむ公式ガイドブック (ぴあMOOK)「国宝阿修羅展」のすべてを楽しむ公式ガイドブック (ぴあMOOK)
(2009/03/19)
不明

商品詳細を見る


芸術新潮 2009年 03月号 [雑誌]芸術新潮 2009年 03月号 [雑誌]
(2009/02/25)
不明

商品詳細を見る


BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
(2009/04/01)
不明

商品詳細を見る


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
応援ぽちお願いします。

*Comment

NoTitle 

百億の昼と千億の夜 でピーンと来ましたよ。
私も萩尾望都作品大好きです。

興福寺の阿修羅像を見た時、
私も百億の…を思い出したんです。
このお顔をモデルにした?というくらい似てますよね。
三十三間堂のは、たしかに私もちょっとイメージと違ってたかも。
東大寺にもあったのは知りませんでした。
次回行く機会があったら探してみようかな-。
ラストの一つは、どこのだろう?
何気に気になる…。
  • posted by かぁかぁ 
  • URL 
  • 2009.05/23 21:48分 
  • [Edit]

かぁかぁさんへ 

かぁかぁさんも萩尾望都さん
お好きですか?
他の漫画もいいですよねぇ~

東大寺の仏像は阿修羅ではなく
月光菩薩がすきです。
日光菩薩と対になっている仏像なのですが
日光菩薩より
すこし、影があるといいましょうか
これも名前の通り陽と陰といった趣で
私はなぜが陰のほうにひかれるので・・・

また、東大寺にいかれることが
ありましたら見てみてください。
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2009.05/23 22:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/324-dae19cba

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。