あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日は松竹座「二月花形歌舞伎」

本日、2月21日はかぁちゃんの誕生日です。
いくつになったかはさておき・・・

本日も土曜出勤のとーちゃん
子供たちはスイミング

なので、家族でのお祝いは明日することにして
今日は、かぁちゃん、my妹とお出かけ
うちの母から誕生日プレゼントとしてチケットをいただいた
大阪松竹座の「二月花形歌舞伎」観に行ってきました。
(子供たちはじぃじ・ばぁばとお留守番)

松竹座看板
どどおーん
松竹座の前には役者の看板が・・・
いやーこの顔ぶれ
東西の若手人気役者さん勢ぞろい!って感じです。

昨年末に観に行った南座の顔見世(参照日記)で
見ることができなった
中村勘太郎・七之助さん
片岡愛之助さん
そして、テレビでも人気の中村獅童さん
が見られるとあってかぁちゃんウキウキです。

えっと、ここからかぁちゃんの独断と偏見舞台鑑賞感想文が続きます。
最初に断っておきますと
かぁちゃん、歌舞伎素人ですし詳しくは知りません。
ただ「好き」というだけの鑑賞記録ですので
その辺はお許しくださいませ。

4時開演の夜の部
スタートぎりぎりでいすに座ると同時に
始まったという感じの
一つ目の演目

「吹雪峠」(ふぶきとうげ)
出演者は3名のみ

ある吹雪の夜
寒さから逃れるために山小屋に駆け込んだ
助蔵(中村獅童)とおえん(中村七之助)
この二人、実は兄貴分の直吉(片岡愛之助)
の女房だったおえんと不義密通した助蔵
いつの世も隠れてする恋は蜜の味
道ならぬ恋は燃え上がるものと直吉の追及を恐れながらも
どこか今の境遇も楽しんでいる二人
そこへこの吹雪を避けて
飛び込んできた旅姿の男一人
「さぁ寒かったでしょう、火にお当たりなさい」と
男を部屋の中へ招きいれ
よーく、顔をみてみれば・・・

あれぇ、捨てた昔のだんな、直吉じゃないかい!

という具合に話はすすんでいきます。

いやー七ちゃんの女形、かわいいずるい女房っぷり
逆上した直吉に命乞いをする際、
捨てただんなに
「あの男にそそのかされたんだよ、
私は今でもあんたのことがわすれられないよぉ」と
色仕掛けで迫る様は・・・
わー「女」の業があからさま

そして、弟分の直吉は
有り金はたいて直吉に命乞いする。
そのずるい男を獅童さんが熱演

助蔵とおえんがもみ合っている時
本当に師童さんの頭が舞台の床にぶつかったような
「いてーわかっているからおすな」
って本当に痛そうな様に
思わず、敵役の愛之助さん笑いをこらえきれず・・・
すかさず、獅童さん「兄貴、この緊張した場面で何笑ってるんだようぉ」と
絶妙のアドリブが入り会場が沸きます。

愛之助さんもおじ様である片岡仁左衛門さんによく似たいい男っぷり
かっこええわー

2つ目は「実盛物語」(さねもりものがたり)

源平合戦の実話に基づき「木曽義仲」誕生にまつわる説話になっています。
平家の家来実盛(中村勘太郎)と瀬尾十郎(市川男女蔵)が
源氏方の奥方葵御前が妊娠しているおなかの子供が男の場合即刻殺す、
女の子なら生かせておこうと詮議にやってきます。
この実盛と十郎
ぱっと見ただけで「いいもん」「わるもん」ってわかるようなメイクをしています。
昔の仮面ライダーとショッカー
マグマ大使とゴアのようなもんでしょうか(たとえが古い)
白塗りの颯爽とした若武者実盛は勘太郎ちゃんの雰囲気にぴったり
最後の演目「蜘蛛絲梓弦」くものいとあざさのゆめばり)でも
勘太郎ちゃん、源頼光を演じたのですが
この役も白塗りのいい男
確かにこのイメージ、王子様キャラで似合っているんだけど
今度は違った勘太郎ちゃんも見てみたいものです。

さて、最後の「蜘蛛絲梓弦」(くものいとあざさのゆめばり)ですが
これぞ、歌舞伎!って言う楽しみ方が存分にできる
けれんみあふれる華やかな舞台でした。

本日の主役7人の花形千両役者さんたちがすべて登場します。
主役は蜘蛛役の市川亀次郎さん
お話は源頼光と家来四天王による蜘蛛退治のお話。
幕が開くと
舞台中央上手に白塗りの碓井貞光(中村獅童)
下手に赤ら顔の坂田金時(中村亀鶴)
まるでお雛様の左大臣、右大臣のよう・・・
物の怪に取り付かれた主君源頼光の護衛をしています。
そこへ女童がお茶を持って花道のせりから登場
実はこの女童、葛城山の女郎蜘蛛が変化したもの
この役が市川亀次郎さんで
その後もクスリ売り、番頭新堂、座頭、傾斜などに化けて
頼光を狙ってやってきます。
その登場があるときはせり上がり、あるときは謡の席から
花道からの登場と思わせて実は舞台中央にいつの間にか出現
といった具合にもうはらはらどきどき
貞光や金時に見破られ退散するときは
白い蜘蛛の糸を巻き
これまた、あっという間に消えうせます。

さて正体を見破った頼光一行
衣装も取替え正装して蜘蛛退治に向かいます。
花道に勢ぞろいした5名の勇者
いやー目の保養
豪華な衣装にいい男連

そこから手下を連れた女郎蜘蛛と
頼光一行の戦闘シーンです。
その豪華なこと
強いて言えばバレエのフィナーレでスターダンサーが一人ずつ舞台に出てきて
順繰りにフェッテを回っていくような華やかさ
(マニアックな例えですいません。でもわかる人はわかってくれるよね)

でここで6人
花形役者1人足りない・・・

と花道から
あかい隈取をした平井保昌(中村愛之助)登場
舞台に上がって口上を述べます。

「集合号令かかりきてみれば
これは昨今クイズ番組でも人気の亀次郎
風林火山で人気とも・・・されど今年は「天地人」
直江兼続、かぶとのしるしは「愛」の文字。
今年は愛之助の年ということでござる」
(せりふは大体こんな感じで一字一句間違いなしといことではありません)

いやー笑った!笑った!

退治された蜘蛛たちは舞台中央に集まって
最後の力と蜘蛛の糸を撒き散らし
天上からも蜘蛛糸がいっせいにおとされます。

無事成敗とあいなった6人衆は舞台で大見得を切り



鳴り止まぬ、拍手
そして、カーテンコール
私、歌舞伎でカーテンコールって初めてです。
華やかで豪華ですっきりさわやかに
終演って感じでした。

本日のかぁちゃんのお召し物
もちろん、着物
なのですが、着付け時間がなかったのと
帯の柄だしがうまくいかず・・・
まぁ上から道行着ていくしとりあえずこれでいいか
という着姿です。
松竹座ロビー

帰りに仕事のおわったとーちゃんと落ち合って
お茶を飲んで帰ってきました。
とーちゃんからのプレゼントは何もありませんが
この「鑑賞時間」をくれたことが一番のプレゼントかな。
ありがとね、とーちゃん。絵文字名を入力してください

*Comment

着物でおでかけ 

いいなぁ~いいなぁ~
お着物もみたかったなぁ。
着物オフ、
昨年行った「ひいなまつり」に
お誘いしたかったけど、
残念ながら平日です。

きなり*も絹もんでお出かけしたいですぅ。

で、着付け道具の疑問は解消されました?
  • posted by きなり* 
  • URL 
  • 2009.02/23 00:55分 
  • [Edit]

きなり*さんへ 

着物はこの前、南座に着ていった大島紬です。
帯が胴とたれにワンポイントの
びわの絵が入ったものをしめてみたのですが
たれ先が長すぎて、どうも、ワンポイントが
お太鼓部分にちゃんとおさまってくれない。
どうにかこうにか、ワンポイントを出してみたら
巻き上げて(?)お太鼓部分に納めるのに
四苦八苦!
二重太鼓にしないといけないのかもしれないけど
二重太鼓の結び方、忘れてしまったし・・・
ほんと、きなり*さんにHELPしたかったです。
今度、この帯持ってワンポイントレッスン
受けに行きます。
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2009.02/23 12:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/251-cbc1fa31

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。