あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ちびっこちびおに」

もうすぐ、節分なので鬼にちなんだ絵本を紹介
こちらも古本屋さんで見つけました。

あまんきみこ作 わかやまけん絵
「ちびっこちびおに」
ちびっこちびおに (創作えほん 20)ちびっこちびおに (創作えほん 20)
(1975/01)
あまん きみこ

商品詳細を見る

ページを開くと
一面の雪景色の中に屋根にいっぱいの雪を積もらせた
小さな家が一軒

そしてその家から会話が聞こえます。

「おかあちゃん、ぼく、人間のまちにいってみたいよ」

「だめだめ、つかまってしまうから」

会話の主は鬼の母子です。

このあたり、どこか「手ぶくろを買いに」(新見南吉作)に似ています。
「手ぶくろを買いに」は狐の母子が
やはりお山に雪が積もった日
子狐だけを人間の帽子屋さんのところへ
手袋を買いに行かせる話です。
そして、この母狐も
「人間はこわいから」と子狐に注意を与えています。

で、わかやまけんさん
この「てぶくろをかいに」の絵も描かれているんですよねぇ~
てぶくろをかいに (おはなし名作絵本 4)てぶくろをかいに (おはなし名作絵本 4)
(1970/01)
新美 南吉

商品詳細を見る


でもこのお話の絵としては、私は「黒井健」さんの絵が好きなので
こちらの絵本を持っています。
手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)
(1988/03)
新美 南吉

商品詳細を見る

もうひとつ、わかやまけんさんの代表的な絵本としては
「こぐまちゃんシリーズ」が有名なのではないでしょうか
「こぐまちゃんおはよう」や「こぐまちゃんのみずあそび」など
こぐまちゃんおはよう (こぐまちゃんえほん)こぐまちゃんおはよう (こぐまちゃんえほん)
(1984/01)
わかやま けん

商品詳細を見る

で、このこぐまちゃんはグラフィック的に書かれているのに対し
「ちびっこちびおに」の絵の暖かいこと・・・

鬼とばれないように角を隠す帽子をしっかりかぶせ
オーバーを着せ、長靴をはかせ
母鬼は子鬼を人間のところへ遊びに行かせてやります。
ふもとでは雪で遊ぶ幼稚園のこどもたちが
いっぱい!
このこどもたちの様子がなんと生き生きと描かれていることでしょう。
園児の制服は真っ赤
そして長靴も、ほっぺも・・・
吐く息までも赤くって
園児たちの熱気で周りの空気も暖まっているようです。

しばらくすると園児のひとりごんちゃんの泣き声が聞こえます。
水にぬれてびしょぬれになって「さむいよ~」と
泣いています。

最初に駆けつけたちびっこちびおに
自分の着ていた上着を脱いでごんちゃんに着せ
長靴もはかせ、帽子も・・・

「あっ、鬼の子だ」

鬼の子だってばれちゃった!

子供の誰かがききました。
「どうして、ここへきたの?」

「僕、遊びたかったの」

「わー!」という子供たちの歓声

それからはちびおにもこどもも混じって
どの子が鬼の子?どの子がごんちゃん?
わからないくらいに一緒くたになって遊びます。

さぁ、帰える時間です。
ごんちゃんが借りていた服を返そうとすると
ちびおに「このままで、ぼく いい」と答えた後、
もう一度、言い直します。

このままのほう  、ぼく いいの

この言葉の「が」のやさしい響き・・・

裸のまま、かけていくちびおにの
心の弾みを映すように
一面銀世界だったお山がほんの少しぴんく色に
染められています。

節分の読み聞かせにどうですか?
怖い鬼ばかりじゃなく、自分たちと一緒に遊ぶちびおにに
子供たちの目もキラキラ輝きそうです。

*Comment

NoTitle 

我が家には節分用の読み聞かせの本が無いので、
図書館に行って借りて来なければ・・・と思いました。
図書館近所にあるんですけど、体調崩して幼稚園とか
休んでる子がたくさん遊びに来てると耳にして、
最近ビビッて連れて行ってません。
(インフルエンザはさすがに無いでしょうけど)

 私も黒井健さんのほうの絵が好きです。
当時5歳児の教え子が、
「この本大好きだから、来月も直さないで置いといて」
と言いにきたのを思い出します。
(だいたい月ごとに部屋の本を変えていたので)
 その教え子も今や中学1年生です。(あはは)
  • posted by いってきまうす 
  • URL 
  • 2009.01/31 08:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

素敵なお話だね~~

私自身、すっごく本好きなので子供にも本はしっかり読んでもらいたいんです。
うちはチビが走り回るので図書館には行けないんだけど、
幼稚園の移動図書を利用するときに借りてみたいと思います♪
節分って鬼が出るから怖い!って思ってるんですよね。うちの子。
なので、ちょうどいい読み聞かせが出来そうです♪
  • posted by お気楽ママ 
  • URL 
  • 2009.01/31 09:16分 
  • [Edit]

いってきまうすさんへ 

「この本大好きだから、直さないで」
と自分の気持ちを素直に伝えることのできる子供さん
なんて、すてきなんでしょう。
そして、そのことをずっとおぼえていらっしゃる
いってきまうすさんも・・・
確かにそんな素敵な思い出を残してくれる
本ですね、この「手袋を買いに」は。

  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2009.01/31 22:22分 
  • [Edit]

お気楽ままさんへ 

幼稚園の子供たちが本当に楽しそうに
鬼の子と遊んでいるので
きっと、これくらいの年齢の子には
おもしろい本だと思います。
園児とちびおにが遊ぶシーンは
文字がないのですが
「ちびおに、どーこだ?」「ここ」
「じゃぁ、ごんちゃん、どーこだ?」
といって指差しています。
そして、園児の中に自分たちも探して
「この子、あんちゃん」「これ、すぅ」
と言う具合に絵本に参加しています。
見つけたら、読んでみてください。
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2009.01/31 22:27分 
  • [Edit]

NoTitle 

すいません。ちっこちびおに の本の紹介をされているのに、 
手ぶくろを買いに の話を書いてしまって・・・。
 本との出合いは素敵ですよね。
たくさんの素敵な本に娘さんも出会ってくれれば・・・
と願う母ちゃんです。(図書館からしばらく遠ざかっているので反省)
  • posted by いってきまうす 
  • URL 
  • 2009.02/01 01:04分 
  • [Edit]

いってきまうすさんへ 

とんでもない!
「手袋を買いに」もとても素敵な本で
たくさんの方に読んでいただきたい本だと思って
ここに書いています。
そして、いってきまうすさんが
わたしと同じで「黒井健さんの絵が好き」
といってくださったのがうれしいです。
子供たちはいろんな素敵な本と出合って
ほしいと思います。
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2009.02/02 05:45分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/236-e4b3f84a

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。