あんとすぅと いっぽいっぽ

子供といっしょにちょこっとお出かけ、働きながらちょこっと手作り・・・そして日々思ったことなどを綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

當る丑歳「吉例顔見世興行」

昨日の夜から熱ぽかったあん。
今日は最初から有給をとって仕事を休んでいたので
午前中は子供と一緒におうちですごし
家のお掃除を・・・
1Fの窓ガラスを拭き、レンジ周りを掃除して
お昼ご飯を食べたら
じぃじ、ばぁばが迎えに来て子供たちを預かってくれました。

主婦仕事を終えたら
さーて、午後からはかぁちゃん、お出かけ!

1年間の自分へのごほうび、そして贅沢

京都の師走の風物詩
南座の顔見世を見にでかけました。

河原町四条についたらまず、高島屋のデパ地下へ
ここで、観劇用のお弁当を買っていきます。
京都の老舗の料亭がそれぞれに観劇弁当を出していて
さて何にしようかと選ぶところから
観劇への期待が高まります。
わたしが選んだお弁当は「わらびの里」の「菊花点心」
タイムサービスでちょうど、200円引きだったもので(笑

まねき
勘亭流で書かれたまねき
これが上がると京都の街はいよいよ師走の雰囲気をかもし出します。

ご祝儀1ご祝儀2
ロビーにはごひいき筋から贈られたご祝儀が立てられていました。

かぁちゃんの観劇は夜の部

出し物は

「傾城反魂香」主な配役 
                浮世又平・・・中村翫雀
                又平女房 おとく・・・坂田藤十郎

「大石最後の1日」    
                大石内蔵助・・・中村吉右衛門

「信濃路紅葉鬼揃」    
                鬼女・・・坂東玉三郎
                平維盛・・・市川海老蔵
                山神・・・片岡仁左衛門

「源氏物語」  
               光源氏・・・市川海老蔵
               六条御息所・・・坂東玉三郎
               夕顔・・・中村扇雀

顔見世は東西の歌舞伎役者が一同に会し豪華絢爛の舞台です。

このチケット、母に取ってもらったのだけど
「昼の部と夜の部、どっちにするの?」と聞かれて
迷わず、「夜の部」と答えました。

今年の京都は「源氏物語1000年紀」ということで
いたるところで源氏物語にちなんだイベントが行われていましたが
その集大成とも言うべき作品として
新作舞踏劇「源氏物語」が顔見世で見られる。
しかも配役は関西では初お目見えの玉三郎・海老蔵のペア
としたらこれは見たいでしょ!

実は私、海老蔵さんの歌舞伎の舞台って始めて見ました。
「信濃路紅葉鬼揃」の平維盛もそうでしたが
たってるだけで様になる、プレーボーイ「光源氏」は海老蔵さんにぴったりでした。
優男の声のトーンもつやっぽく・・・
「この人は舞台にたっているのが色っぽいんだ」
と痛感しました。
そりゃ、人気があるはずだ!
「信濃路紅葉鬼揃」も「源氏物語」の舞踏劇だったので
今度はもうちょっと芝居ぽいもの
歌舞伎っぽいものが見てみたいなと思いました。

玉三郎さんは
「信濃路」で動の鬼を
「源氏物語」で嫉妬に狂う生霊としての静の鬼を
演じられましたが
この方は、なぜか「魔性」のものが似合う気がします。
信濃路は前半「能」の要素が取り入れられ動きもとても静かなのですが
玉三郎さんの動きは腰や頭の位置が変わらず、まるですべるように
舞台を移動されていました。
そして、後半は本物の鬼に変身し・・・
いやーほんとに怖かった!

「大石最後の1日」の中村吉右衛門さんは
さすが四十六士を率いた頭の貫禄、たっぷりだったし、
「傾城反魂香」の坂田藤十郎のおとくのかわいらしい女房ぶりも
さすが!でした。

で、私のごひいきの片岡仁左衛門さん
夜の部は「信濃路」の山神役で
出番は少ないのですが
花道のせりから上がってきて
その登場だけで存在感抜群!
少しコミカルな動きで
鬼が来る前に刀だけを平維盛に
渡した後、かえって行く
ちょっと、弱めの山神を好演!
いやーやっぱり、カッコええわー

盛りたくさんの出し物
所要時間、約5時間
堪能して帰路につきました。

今日のかぁちゃんのいでたちですが
南座つむぎ
もちろん、お着物でーす。
結婚前に母に作ってもらった結城紬の着物
帯はデパートのアンティーク市で買った3000円のもの
帯締めは母が組みひもで作ってくれたもの
そして、羽織はこの前、おばの箪笥からもらってきたやつです。

顔見世を着物で鑑賞
それも顔見世の楽しみなので・・・

さぁて、贅沢したわぁ~
また、来年もがんばって働きましょ
そして、また、来年も見にこよーっと

    





*Comment

うらやましーーー。 

v-10吉さま、見たかったv-356海老様の光源氏も、さぞかし素敵だったのでしょうね♪ そして、そして、結城も素敵♪ やっぱりキモノで南座、憧れです。来年の目標にします~。
  • posted by 榮の間 
  • URL 
  • 2008.12/18 08:38分 
  • [Edit]

榮の間さんへ 

榮の間さんは吉右衛門さんファンですか?
鬼平は吉右衛門さんでしたっけ?
吉右衛門さんの大石内蔵助は
涙を誘う、名演技!でした。
演目を見て「夜の部」と即答したのですが
後でじっくり配役を見ると
夜には上方の若手花形役者さんが出てなくて
(片岡愛之助や孝太郎)
昼も見たい!って思わせる配役でした。
さすが、顔見世です。

  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2008.12/18 12:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

うわ~、すごい。
もう、一人一人が主役
(歌舞伎で主役って言うのかな?)を
はれる人達ばかりですね。
さすが顔見世。
どの出し物も見ごたえありそうですね。
こんな素敵な自分へのご褒美。
とっても良い一日だったでしょうね。
そして、
 “ママ&妻&お仕事、1年間、お疲れ様でした”
素敵な1日を過ごせて、年越しまでのあと少し、
頑張れそうですね。
  • posted by セカンドピヨコ 
  • URL 
  • 2008.12/18 13:14分 
  • [Edit]

セカンドピヨコさんへ 

ありがとうございます。
ママ&妻&お仕事
どれも中途半端できちんとこなせていないのですが
1年の最後の「ご褒美」として
ここ数年、年末の歌舞伎鑑賞は恒例にしています。
また、来年、がんばろうの気持ちを持つための
エネルギーとして・・・
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2008.12/18 16:57分 
  • [Edit]

NoTitle 

素敵ですね~!
自分への、なによりのクリスマスプレゼント、みたいな感じでしょうか!?
心が凄く満たされそうな……
こういう“毎年恒例”があるのって、とてもいいですね!
私も何か探したくなりました♪
  • posted by araia 
  • URL 
  • 2008.12/19 02:36分 
  • [Edit]

鍵コメさんへ 

ご連絡をありがとうございます。
もちろん、リンク、こちらからお願いしたいくらいです。
これからも、よろしくお願いします。
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2008.12/19 21:59分 
  • [Edit]

araiaさんへ 

そうですね、自分へのクリスマスプレゼント
かもしれません。
自分の1年を振り返り
「まぁ、私、ようがんばったやん。
また、来年もがんばろな」って
自分にエールを送っているみたいな・・・
ちょっと贅沢なんですが
年に1度のことなので
本当に「ごぼうび」なんです。自分への・・・
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2008.12/19 22:03分 
  • [Edit]

NoTitle 

綺麗な紫のお着物やなぁ!!
この色、色が白いと綺麗に映えるやろうなぁ!
帯と色もよくあってるし、何より、首がほっそりと綺麗だから、上品に見えてるよ!
あたし、首が太くて短いから、うらやましいよ~(T-T)
  • posted by おかん 
  • URL 
  • 2008.12/20 00:04分 
  • [Edit]

おかんさんへ 

写真、自分で手を伸ばして撮っているので
首まで伸びてるんですよ。
でも、ほめていただいてうれしいです。
着付けの教師免許持ってるおかんさんに
ほめてもらえるとなおさらです。
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2008.12/20 00:22分 
  • [Edit]

憧れです。 

着物で顔見世憧れです。

お連れがいない時にはさそって下さい。
ってか連れてって下さい。

結城素敵。
いっぱい着ないともったいない!!

次の着物オフはいつにしましょうか?笑
  • posted by きなり* 
  • URL 
  • 2008.12/20 01:07分 
  • [Edit]

きなり*さんへ 

毎年、妹と一緒に行くことが多いのですが
今年は一人で見に行ってきたのです。
来年、よければ、一緒に行きたいです。

結城、せっかく作ってもらったのに
初めて袖を通しました。
箪笥のこやし、もったいないですよね。
きなり*さんにお着物の楽しみ
教えていただいて
やっと、日の目を見ました。
きなり*さんと10月に着物オフ会してから
月1で着物着ています。
1月もお正月で着れそうだし・・・
着物オフ、また、してくださいねぇ~
  • posted by あんすぅまま(お返事) 
  • URL 
  • 2008.12/20 21:42分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://angejumelles.blog27.fc2.com/tb.php/203-669bb02f

Menu

応援おねがいします。

ランキングに参加しています。 よろしければ押してください。

あんすぅままの育児日記

ダンサー
一卵性双生児あんとすぅ(6ヶ月の頃)です

プロフィール

あんすぅまま

Author:あんすぅまま
あん(♀)  2004年6月生まれ
出生体重1992gと小粒で生まれた
ものの保育器から出てすぐの
おっぱい授乳で80ccを飲み
看護婦さんを驚愕させたつわもの。
今も食べるの大好き娘です。

すぅ(♀)   2004年6月生まれ
出生体重1624g
あんよりもっと小さく生まれたけれど
自己主張のはっきりしたがんこもの

とーちゃん 大阪生まれ
得意料理はお好み焼きとたこ焼き
これを作ると必ず
「これって売れると思わへん」と聞く
こてこての大阪人

かぁちゃん 京都生まれ
このブログの管理者
ただいま、働きながら双子育児中♪ 
 

最近の記事

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。